Members

秋江智文

 21歳のときマイケル・チェーホフの著作『To the Actor』を読み、強く感銘を受ける。25歳のとき渡英。チェーホフ・メソッドのサラ・ケーン(Sarah Kane)および、クリストファー・ガービー(Christopher Garvey)に師事し、チェーホフ・メソッドやスピーチテクニックを学ぶ。また『マイケルチェーホフ・ロンドン・スタジオ』(Michael Chekhov Studio London)の校長を務めるグラハム・ディクソン(Graham Dixson)にも師事する。現在では国際マイケルチェーホフ協会(MICHA)の教授会員のウルリッヒマイヤーホーシュ(Ulrich Meyer-Horcsh)をメンターとして講師と演出を行っている。

舟橋圭子

円演劇研究所、加藤健一事務所・桜組 出身

2年ほどフリーで舞台活動の後、四半世紀の冬眠を経て2018年「やっぱり芝居は手放せない!!」と舞台復帰を果たした。2娘の母、バレエ講師、認知症予防支援相談士etc. 今はヨガにハマっている。

辻修平

さまよいがちな30代。

音楽とバイクをこよなく愛している。

GSX-R750に乗っていたこともあったが、今はGoose250を手放さないよう大事に乗っている。

最近は戦う公務員のバイトに勤しんでいる。足腰が少し強い。